AKB48が、来年1月21日からテレビ朝日でスタートする連続ドラマ「豆腐プロレス」(土曜深夜0:35)で、“プロレス×ドラマ”をテーマにした究極のエンターテインメントに挑む。

ドラマでは、AKB48のメンバーが女子プロレスラーに扮(ふん)し、ガチンコの肉弾戦を展開。ドラマでありながら女子プロレスの世界に殴り込み、真剣勝負を繰り広げていく。彼女たちは現在、第一線で活躍したプロレスラーから本格的なトレーニングを受けており、そこで磨いたプロレス技を劇中でさく裂させる。ストーリーでは、衰退した「錦糸町道場」を再生させようとする選手たちの奮闘と、同道場から有望選手を引き抜き、スターレスラー集団として君臨している「白金ジム」との対決が描かれる。

出演するのは、“アイドル×プロレス”という大型プロジェクトにふさわしい実力の持ち主、そして次世代のAKB48をけん引するメンバーを、という観点からプロデューサーの秋元康氏が選抜したつわものたち。錦糸町道場の再建を目指すメンバーとして宮脇咲良、向井地美音、横山由依、白金ジムのメンバーとして、松井珠理奈、兒玉遥、島田晴香、松村香織、白間美瑠らが参戦する。

前代未聞の企画への挑戦となるが、宮脇は「アイドル×プロレス。誰も想像しなかった異質な組み合わせには、無限の可能性があると思います!」と青写真を描き、「やるからには、全力で。もちろん女子プロレスラーの皆さんたちには到底及ばないですが、努力を重ねて、少しでもアイドルとプロレスの良さを伝えられるようなドラマにしていきたいです」と張り切っている。

一方、向井地は「AKB48がプロレスをやるということは聞いてはいたのですが、まさか私もそのメンバーに選ばれるとは思ってもいませんでした。小学生のころから、クラスで3本の指に入るくらい運動神経が悪かったので…」と目を丸くしながらも、「不安はありますが、メンバーとの信頼関係を大切に、プロレスとアイドルの融合を楽しんでいきたいと思います」と意欲を見せている。