人気グルメドラマ「孤独のグルメ Season6」の記者会見が6日、六本木のテレビ東京で行われ、主人公・井之頭五郎を演じる松重豊が出席、5年続いたドラマへの思いを語った。


 2012年の放送開始以来、主人公の井之頭が仕事の営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいものを自由に食すというシンプルな内容が絶大な支持を集めた同ドラマ。今回、シーズン6にして、シリーズ初となる制作発表記者会見が行われることとなった。壇上に立った松重は「足かけ5年(井之頭を)演じてきましたが、シーズン6にきて初めて制作発表をやるというのがまったく疑問です」と笑ってみせつつも、「普通のドラマの制作発表だったら、(俳優が)7、8人くらいいて。(相葉雅紀主演のドラマ『貴族探偵』のように)主役が馬車で来たりもするけれど、これは僕1人ですから」と照れくさそうに付け加えた。

 初めは「ただのおっさんがメシを食ってるだけで、そんなドラマ誰が観るのと思っていた」という松重。にもかかわらずシリーズは第6弾を迎えるが、「気負うことも何もない。オワコンという言葉があると聞いて、この番組にピッタリだなと思いました。いつ終わってもしょうがない。マンネリもマンネリで、どこに向かえばいいんだろうという気持ちです」と正直な心情を吐露する松重だが、「ただ、日本だけでなく海外も視野に入れていますし、おいしいものは尽きることがない。それがある限り、なんとか形を変えてできるのかなとボンヤリ思いながらやっていますが。シーズン6までいくと、おいしいものをどこまで見つけることができるのか。冒険の旅が始まったなと思います」と背筋を正す。

 ご飯を食べるシーンの撮影日は朝からスタンバイし、ひと口目を食べるのは(昼の)2時半ごろ。スタッフが昼食をとっているのを横目におなかをすかせて撮影を待つ、と明かした松重は「だからひと口目がNGになったらその感動は切り取れなくなりますが、今まで1回もミスはなかった。そういうファーストインプレッションを画面に刻んでいるんだ、という思いはスタッフ・キャスト一丸となってやっています」と明かす。

    第1話の舞台は大阪。六角精児や浪岡一喜、池乃めだから個性派がゲストとして登場し、大阪に出張に来た井之頭に大阪の洗礼を与えることとなる。「しょっぱなは大阪から始まるというアイデアを聞いて、大阪らしくないものを食べるのかなと思ったら、正統派の粉もんでした」と切り出した松重は、「大阪は芝居や撮影でよく行きますが、大阪に行くと必ず551蓬莱の豚まんを必ず買って帰ります。大阪には値段が安くて、おいしいものが転がっています。本当に井之頭的にはうらやましい場所です」と笑顔で付け加えた。

 一方、会見の冒頭に登場した川村庄子プロデューサーは「シーズン6の見どころですが、改めて語るものはありません。シーズン1からスタッフも変わりません。ただ一点変わったところといえば、コミックの作画を担当されていた谷口ジローさんが(2月11日に)お亡くなりになったということ。わたしたちは谷口さんの世界観に影響されてきたので、みんなショックを受けていました」と切り出すと、「原作の久住(昌之)さんもおっしゃっていますが、谷口さんは1ページを描くのに数日かかる。ものすごく繊細で手間のかかることをする方。うれしいことにドラマ版と共通しているのはそこだねと言っていただいた。お店を何十軒も歩いて、やっと1軒見つけるくらいで相当手間がかかる番組。それがシーズン6となるのは驚きですが、初心を忘れずに飽きられない限りはおいしい時間を届けたい」とあらためて決意を語った。

ドラマ24「孤独のグルメ Season6」は4月7日深夜0時12分よりテレビ東京系にて放送開始

 

 

【関連記事】

菅田将暉、山下智久、妻夫木聡…人気俳優の“男前ボディ”をじっくり拝める邦画3選