俳優パク・ボゴムと女優キム・ユジョンが「2017KBS演技大賞」の授賞者として舞台に立つことになりました。

ドラマ「雲が描いた月明り」で共演した2人が、ドラマさながらの息の合った姿で年末の大役をつとめます。


「2017KBS演技大賞」は来る12月31日、汝矣島(ヨイド)のKBSホールにて開催されます。この日2人は、“最優秀賞”部門の授賞を担当するといいます。


パク・ボゴムとキム・ユジョンは昨年、「雲が描いた月明り」で共演しました。甘い宮中ロマンスを演じた2人が久しぶりに並んで登場するとあって、ファンにとってはたまらない姿となりそうです。

関係者は「2人が忙しいスケジュールの間にも関わらず快く授賞者を引き受けてくださり、感謝しています」とし、「年末の授賞式を一層輝かせてくれることでしょう」と伝えました。

 

 

【関連記事】

【公式】JIN(BTS)・サナ(TWICE)らKBS「歌謡大祝祭」8人のスペシャルMC確定

”寄付天使”スジ(Miss A)、恵まれない人々へ1500万ウォン寄付