8月24日(日)、米HBOにて7シーズンにわたって放送された『トゥルーブラッド』が、ついに最終回を迎えた。本作でエリック・ノースマン役を演じたアレキサンダー・スカルスガルドが、シリーズ終了について語っている。

現在、映画『Tarzan』の撮影でロンドンに滞在しているアレキサンダーが、米E!Onlineのインタビューに答えた。「(『トゥルーブラッド』の終了は)僕のキャリアにおいて、一番悲しい瞬間だったことは間違いないね。そろそろ役者として、次に進もうと準備を始めてたんだ。でもすごく悲しくて、赤ちゃんみたいに泣いてしまった。最後の撮影シーンまでの2~3週間は、メチャクチャ感情的になってたよ」と、すでに本作が恋しくてたまらないと明かしている。

またケイティ・ホームズと夫婦役で共演した映画『The Giver』で、"二人の関係がロマンスに発展しているのでは?"とゴシップ誌に書き立てられたことについても言及している。「そんな噂に注意も払ってないし、気にもとめてない。ゴシップ誌なんて読まないし、オンラインで僕について書かれていることなんて5パーセントも知らないよ」と噂を否定。しかし本作撮影の合間は、共演者のジェフ・ブリッジス(『トロン:レガシー』)やカメオ出演している歌手のテイラー・スウィフトと一緒に、ディナーやジャムセッションを大いに楽しんだそうだ。