MBCドラマ「奇皇后」が台湾で新たな韓流ブームを巻き起こしている。

29日、MBCによると、台湾のドラマ専門チャンネルETTVを通じて放送された「奇皇后」は、9月11日に放送終了となるまで視聴率5.35%を記録した。今年放送された海外の番組の中で最高視聴率であり、2004年に放送されて視聴率6.22%を記録して歴代最高の韓流ドラマとなったMBC「宮廷女官チャングムの誓い」以来、初めて海外ドラマが成し遂げた5%台の視聴率だ。

ETTV側は「奇皇后」の人気の秘訣として、ハ・ジウォン、チ・チャンウクの熱演と緻密なストーリー展開、切ないラブストーリーと華やかな映像を選んだ。

ドラマチャンネルの編成部長は「韓国の時代劇だが、元という中国の時代が登場したのが、台湾の視聴者たちの興味を刺激し、完璧に翻訳されたハイクオリティのコンテンツが人気上昇の原動力だ」と評価した。